FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

何が何だか??

2013/03/20
どうも。ご無沙汰しています。

えっと、ちゃんと農家やってます(笑)
どうにかですが。
きっと、それは農家を始めた人なら誰だってなのかなと思います。
そんなにいきなりシャキシャキできるわけないんですから。
やっぱり少しずつですね。


最近の調子はというと、安定しています。
たまにどーんと気分が沈むことはありますが、それはそれでどうにかやり過ごせているかな。
変な妄想に囚われることも少し減ったかしら?
あ、ただやっぱり特有のものはあると思いますよ。
なかなか自分じゃ認知しずらいことです。
ちなみにDIDは健在(?)です。そうそう消えることはないようです。
今まで生きてきてDIDじゃない時間のほうが圧倒的に少ないだから、ある程度当然でしょうかね。

どうにか「普通」に生きている私たちですが、
「普通」であり続けることにうんざりしてくることがあります。
何でもかんでも普通を目指していたら「やっとれんわー!!」ってなる(笑)
他人を主体で考える癖に、結局は自分のことしか考えられてないからです。
例えば「周りの人たちに変だって思われるのは嫌」とか。

仕方ないじゃん、実際少々変なところは(誰だって)あるんだから。
そう思えないのなら、付き合いなんか止めてしまえばいいし、
付き合っても「変キャラ」で通せばいい。
その人と付き合いたいから付き合うわけでしょう??
それが出来ないのを、自分の病気だとかのせいにするのに結構疲れました。
人間、ある程度年をとると、ぶっとくなるものです。
そろそろ精神年齢の低いさすがの私たちもそうなりそう(笑)

ただ、病気の部分があるのは認めざるを得ないようです。
自分でまだやれると思うこと(そして周りの人もそう感じること)も、ひどく疲れが溜まることがあります。
私の場合、大勢の人に連日で会い続けると、こうなります。
頭の中で情報を処理しきれなくなるんですよね。
まあ、これも多少個性なのかもしれませんが、繋がらない電話状態になるので、やはり病気かと。

あとね、トラウマについては人生の課題です。
どうやってこれを乗り越えていこう…。
忘れる事はこの先もないでしょうね。
けれど、避けて通ることもできません。
なら、ゆっくりでも乗り越えていくしかない、と私は思うのですよ。
きっとそう思うのは、私たちはもう過酷な環境に身を置いていないからなんだろうな。
周りにいる夫や娘、その他の人たちに感謝です。
そして、そういう環境を選んだ(というか勝ち取った)私、偉い!
なんて、少しだけ褒めてやります(笑)

既に体の成長は止まり、心の成長も一定の年齢で止まった私たち。
けれど、体はともかく、心はまだまだ伸びしろがありそうですよ。





↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
17:49 病気 | コメント(4)
コメント
No title
はじめまして。
解離性同一性障害、で検索してこちらにきました。
娘(21歳)が解離性同一性障害です。

主に長期に亘るいじめが原因かと思われますが、
私の親としての関わり方も理由の一つと
私は思っています。
娘の中には何人いるのか・・・
今現在数えられるのは10名くらい。
日常的に出るのは3人くらいでしょうか。

本人の苦しみ、痛みは相当です。
死にたい気持ちを抱えつつ、
日々過ごしています。
「死なないで、なんて言うならいっそ殺して」
「もう狂いそう。頭がおかしくなりそう」
そう言う娘です。
そんな中、こうして同じ病を持ちつつも
前を向いて歩まれている方の気持ちを読ませて
いただけて、本当に励みになります。

私は愛する娘に何をしてあげられるのか。
手探りの日々です。
ごめんなさい、突然こんなコメント・・。
でも飾らない言葉で本当の気持ちを綴られてる方の
文を読んで、一筋の光を見るようでした。
感謝です。

fumiさんへ
はじめまして。ご訪問とコメント、ありがとうございます。

私も昔いじめにあったことがあります。
いじめはあったことがある人にしかわかりません。
それをどう家庭で解決するか…非常に難しい問題だと思います。
私もこれまでは子供の視点からしかわかりえなかったことですが、
親になった今ではより複雑な問題だと捉えています。

娘さんはだいぶ混乱しているのですね。
私もかつては同じことを何度も、それこそ何万回も思ったものです。
それは「助けて」というサインと同じです。
どうかそのまま受け止めてあげてもらえたら…そう思います。
「愛する娘」。
その言葉にほっとするばかりです。
結局最後に必要になるのは愛情です。
ちなみに私の親には一切受け入れてはもらえませんでした。
しかし、夫と出会い、受け入れてもらって、現在の安定した生活があります。
長い闘いの先には必ず光が射しますよ。
どうかfumiさんはそのままの愛情で、引きずられることなく、接してあげてくださいね。
こんなブログでも覗いてくださる方がいることに、私も感謝です。
心よりfumiさんと娘さんの平穏をお祈り申し上げます。
No title
シグルスさん
お返事、どうもありがとうございます。
そして、平穏をお祈り下さりありがとうございます。
ゆっくり、焦らず、焦らせず、そして諦めず・・
ありのままを受け止めていきたいと思います。
感謝しつつ。
fumiさんへ
すっかり遅くなってしまいました。
経過はいかがでしょうか。
長くなるかもしれませんが、ゆっくり回復することをお祈りしています。
また何か相談などございましたら、コメントくださいね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。