FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

消えない・消せない言葉

2012/03/19
言われて傷ついた言葉がある。
何年経とうと、消せない、忘れられない言葉がある。

「どうせ初めてじゃないんだろう!」
「自分でもびっくりするほど好きじゃなくなったんだ。」

今日みたいな眠れない夜に必ず聞こえる言葉。
その時言われた状況・相手の表情。
そのままを思い出す。
まるで、呪いの言葉みたいに、私を過去へ縛り付ける。

どうしても逃れられないみたいだ。
いくら努力しても逃れられない。
否、努力すればするほど逃れられないようになってしまったのかな。

病気になってから、私は努力が嫌になった。
どうせ報われないのだから、と。
だけど、人生は報われないことのほうが案外と多いもので…、
そんな時に私は上の言葉を思い出すのかもしれない。

頑張っても無駄じゃない。
きっとそれは本当だし、嘘でもある。
頑張り方が間違えていると、無駄になってしまうことを若い時に知った。
特に「運」の要素が絡んでいると、頑張りが余計虚しく感じられてしまうことすらあるのだから。

眠れないこんな夜はどうやり過ごそう。
前のように眠剤に頼ることももう出来ない。


そう、昨夜なぜか昔よく見ていたおぞましい夢を思い出した。
保育所か幼稚園で私はお手洗いへ行こうとする。
だけど、すべてのお手洗いは汚物でひどく汚れていて、私は用を足せないのだ。
なぜかトイレは広くて、行けども行けども汚物まみれ。
そんな夢を毎晩のように見ていた。
確かお昼寝でも見ていた。

どうして今さらそんなことを思い出したのかわからない。
けれど、私はその頃お手洗いが嫌いだったのをよく覚えている。
自宅や学校に関わらず、ひどく嫌悪感があった。
だからなんだろう。
私は幼少期、おむつが外れた後もちろん自分でトイレへ行くことはできたが、
トイレへ行くのが嫌で嫌で限界まで我慢をして、おもらしをしたことがよくあった。
おもらしも嫌だったけれど、トイレへ行くのがそれ以上に嫌だった。
今でもお手洗いが汚れているのだけは潔癖なまでに許せないのは、それが関係しているのかもしれない。

夫に話してみると
「おむつはずれの時期のトラブルとおねしょとかって、虐待とかが関係してるらしいよ。」
という答えだった。

そうなんだろうな、という答えだった。
私自身そういうことがきっと関係していると、頭のどこかで予想していたから。


いつからだろう。
私は頑張り方の間違いに気付き、努力すること全般に関しても諦めを覚えてしまった。
それが楽な生き方だし、諦めない方が苦しいことも多いだろう。
だけど、忘れる努力もやめてしまっていいのかな?
忘れた方がいいことって多いのに。
実際、忘れてしまいたいことであるにも関わらず。

今は一応「諦めない生き方」を選択している。
でも、昔の習性がひょこっと顔を出し、「諦めろ」と言うのだ。
昔の呪いの言葉に縛られていろと。

呪縛を解くのは私。
きっと他の誰でもない。
いつか、私の心の奥に積もった呪縛の言葉さえも、解ける日がくるのだろうか。

やはり私は諦めない選択で行きたいと思う。





↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
22:34 過去 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。