FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

PTSDの治療

2011/12/15
低空飛行を続けていると、必ず一度は大きな波がやって来る。
今回のは、以前を思い出させるひどさだった。
フラッシュバックが止まらず、過去へ引き摺られるのである。
そして、お決まりのごとく、死へと誘うのだ。

どうにか私は今回も耐えたらしい。
本当にいつも主人には助けられてばかりだ。

次の日は通院日だった。
低い調子でカウンセラーと話すのは初めてだった。
今までは傷を隠そうとわざと笑っていたのかもしれない。
だけど、笑う気力なんてその日はなかった。

もう10年以上の前の、私が激しく分裂するキッカケになった事件を話した。
そのことに関しては、確かこのブログでも「過去」のカテゴリで記録しているはずである。
男に媚を売ってへつら笑ってでも、機嫌を取ってでも、何とか家路に辿りついたこと。
その時の惨めな、苦しい、形容しがたい気持ち。
後で、風呂場で声を上げずに泣いたこと。

母に打ち明けたが、「そんなことじゃないだろうかと思った。あんたがどうせ悪いんでしょ。」
と向き合ってくれなかったこと。
周囲の友人に相談しても「隙があったお前が悪い。」と言われたこと。

その後数年間、私は自らを責め続け、反動とも取れる行動ばかり繰り返したこと。
しかも淡々とその事件を振り返り、人の同情を引く行為ばかりしていたこと。
(今思えば、痛いことでしかないのだが…)

カウンセラーは言った。
「ずっと一人だったんですね。」
「ご存知ですか?サードレイプという言葉があるんですよ。」

そう。
そうだ。
私は一人で抱え込むしかなかった。
自らを責める以外選択肢はなかった。
けれど、抱え込めなかった。
だから複数に分かれた。

誰にも抱きしめてなどもらえなかった。
付き合った男性は勿論いたけれど、そういう抱擁などされたことはない。
何故ってそれは、あくまで男女だから。

小さい頃から母は忙しそうで不在がちで、祖父母も畑仕事で忙しかった。
私は一人の世界に籠るしかなかった。
一人絵を描き、人形遊びを繰り返した。
母が私を抱きしめてくれたのは、一体いつだろう…?
手を差し出しては振り払われ、私はずっと孤独だった。

あの時のことは単なる機能不全な家庭を明らかにする一つのキッカケでしかなかったのかもしれない。
実際私はそれ以前から複数存在したし、性格に因るものは大きいと思う。
けれど、私は10年以上心に仕舞いこみ、自らの病を難治化させていた。

どうしても許せる日は来ないだろう。
私が女性を捨ててもそんな日は来ない。
未だに憎悪を超えた、呪いとも取れる気持ちが心を支配する。

あの日がなかったら、私は捨てられなかったかもしれない、
あの日がなかったら、私はあの頃私が思い描いていた私になっていたかもしれない。

けれど、そんな仮定など起こり得ない。
もう過去は変えられない。

今は自分の心の傷のひどさを認識し、
向き合うことが一番必要なことだろう。

「被害者であることを忘れてはいけない。」
そうカウンセラーは言った。
そうなんだろう。
一番辛いのは、私が昔したように自分を加害者に加えてしまうことだろうから。

これまでかなり回復したものの、完治に至らなかったのは、
大きな傷を放置しておいたせいかもしれない。
傷は不適切な処置で化膿している。
今はそっと、そのままでおいておきたい…。

もしかしたら怪我と同じく、完治するかもしれないから。





↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
00:22 病気 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。