FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

働けるのか否か

2011/07/05
私は正社員という形で働いたことはありません。
学生を長い間やっていたし、その間勿論アルバイトの経験はあったけれど、
正社員の経験はない、所謂世間知らずの主婦です。

もう病気を発病してから10年余り。
学生時代は父の扶養でしたから、医療費は両親持ち。
結婚してからは夫の扶養なので、夫が負担してくれています。
けれども、ご存知の通り治療にはかなりのお金がかかっています。
途中で自立支援法の申請を行って1割負担にはなったものの、それでも入院をするとかなりの額です。

勿論働けるなら働きたい気持ちはあります。
いいえ、将来娘のためなら働くと思います。
けれど、やはり診察+カウンセリング+作業療法だと負担は大きいのが現実です。
現実問題として、お金がないと適切な治療は続けられません。

色々考えて、障害基礎年金を申請しました。
医師の診断書(必要に応じて遡及請求するなら初診時と初診から半年後の診断書も)に、
病歴の申立書、年金が振り込まれる口座の申請書など、結構手間はかかります。
過去の病院に診断書のお願い、病状を申告する申立書、これらがかなり苦痛でした。
診断書は現在のはいいですが、過去のものは北国に来る以前のものでしたから。
どれも苦い思いをしながらの手続きでした。
(事務的なものはすべて病院や夫がやってくれましたがね)

それで提出はしたのはいいけれど、また書類に不備があれば訂正し、提出…。
その繰り返しが3回ほど続きました。
何回夫に南へ電話をかけてもらったことか(苦笑)

結果、私は認定されました。(遡及分については不明)
書類を揃えるのに半年近い時間を要し、提出して訂正して認定まで4カ月。
これで2年間の受給資格は得られました。
認められてほっとしたような、自分への失望感が膨らんだような、複雑な気持ちでした。

障害年金受給に関しては、色々な意見があるとは思います。
税金で人様のお金からなっているものですから、否定的な方も多いでしょう。
なるべくなら、(家族以外の)他人の力を借りて生きていけるのがいいのですが、
それが出来ないので国の力を借りて生きて行くしかないのです。
(勿論ずっと借りたままで生きて行こうという意味ではありません。)
そう、自分の力ではどうしようもないから、薬に頼って生活していくしかないように…。
誰かが言っていました。
少しでも生きていきやすくするための手段だとも……。


なかなか難しい問題でしたね。
人それぞれ意見や生き方が違うので、課題の多い問題です。
しかし、それを考えることも、きっと大事な問題だと私は思っています。




↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
09:11 病気 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。