05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

匿名の世界

2010/01/31
時が経つのは本当に早いもので…
娘が生まれて三カ月が過ぎました。

私に向ける笑顔は、私へのご褒美そのもの。
この子の笑顔は本当に綺麗。

どこかで聞いたのですが、
赤ちゃんはお母さんの笑顔を真似て笑うらしいです。
そうだとしたら、私は上手に笑えているみたいですね。
…よかった…。


最近、また頭の中が色々うるさいです。
きっと、皆が処理作業に追われている。
色々ね、記憶の断片が零れ落ちて大変なんだって。

記憶なんて消してしまえたらいいのに、
そう思います。
けれども、必ずどこかにはあるもの。
必ず誰かが持っている。
そして、消してしまえたらと思うほどに、
その記憶にこだわっているのは私たち自身…。

こんなに頑張って来た割に、過去のものは手元に何一つ残っていません。
昔の私を詳しく知る人など一人もいないところでひっそりと暮らす。
一応、名前はあるけれど、そんなものなどあってないようなもの。
私も、周りも、匿名希望。

捨てたのか、捨てられたのか。
それを決めるのは誰なのでしょうね。


今年は雪が多いです。
去年はこの街ではほとんど積もらなかったはずなのに、
今年は溶けかけた頃に積もって、それがまた溶けかかって固まって…。
ツルツルです。慣れない私たちには、危険地帯ばかり。

先日、徒歩15分弱の距離にある市役所まで行っていたのですが、
その帰り道、遭難しかけました。


ステージ:氷の国(吹雪、路面凍結)

<ステータス>
normal

<装備>
頭:なし
腕:なし
胴:パーカー、ジャージ
足:普通のスニーカー
アクセサリー:ダウンコート

唯一のまともな装備はダウンコート、以上!    
こんな感じで市役所から徒歩で家路を辿り始めたのですが…
無謀でした。

コートのフードを被るも、強風に煽られ脱げる。
強風により、向かい風での進行は困難。
吹雪により、視界2メートル前後。
降雪のため、車線見えず。
気温は氷点下のため、露出している肌が痛い。
スノーブーツではないため、転倒に注意。

正直みくびっていました。
なるほど、ブーツや手袋はファッションのために着用するわけではないのですね。。。

こちらの雪は本州の雪とは違います。
さらさらしていて、軽いです。
そして、冷たくない。
(人に触れてもすぐには溶けないからです。)
ここの人たちは、これでも重たい雪だと言っていましたが、
私からすると、これが粉雪だなー、と思います。


粉雪、ねえ、永遠を前に余りに脆く
ザラつくアスファルトの上 染みになってゆくよ

一昔前にこんな曲が流行りましたね。
すっかり、すーっかり忘れていましたが、昨日何故か思い出しました。

…染みになってゆくのなら、それは粉雪ではありません。
粉雪ならば、溶けずに地面をどんどん白く染めてゆくので。
こちらの雪というのは、一時的なものではなく、
長い冬のものだと思わされます。
長い間、街は色を失います。
そんな街では、私も名前というラベルと貼って歩かなくてもいいようです。

名前も、顔ですら、白く霞んで
本当にどうでもいいことみたいに思えます。

ちょっぴり寂しいけれど、気持ちいいです。。。




↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
10:49 戯言 | コメント(2)
コメント
娘さんの誕生おめでとうございます。
小さな、しかし貴方達夫婦の生きる希望でもある娘さんの誕生を心より御祝い申し上げます。北国での寒い中での子育ては何かと大変だとは思いますが夫婦で力を合わせて毎日を過ごしてください。人間はその日一日を精一杯生きて満足しつつも裏を返せばまた一日死に向かって前進して行く。正に生と死とは表裏一体。そう思ったら自分の名前や存在などどうでも良いと思えませんか?人間にとって死後の世界、輪廻転生が永遠の謎である以上、ちっぽけな凡人の私なぞ取り敢えず生きてる事に感謝して美味しいものを食べたりすることに喜びを感じる日々ですかね。立春とは名ばかりでまだまだ寒い日々が続きますがくれぐれもお体に気を付けてくださいね。
風太郎さんへ
お返事が遅くなって申し訳ありません。

お祝いのお言葉、ありがとうございます。
娘はすくすく成長し、その喜びを噛み締めながら、
私自身も育てている(育自)毎日です。
慣れない北国での運転さえもようやくできるようになってきました。

生と死。
生は喜ばれ、一方で死は恐られるものですが、
私はどちらも似たようなものだと思っています。
どちらも不思議で切ない。
それでも、どちらも素晴らしい。
最近そう思えるようになりました。
そう思って毎日を積み重ねていきたいですね。

北国の春はまだ先。
しかし、あとひと月もすれば雪解け。
喜びの春へと今は力を溜めておきたいです。
気候の変動が激しい折ですので、風太郎さんもどうかご自愛ください。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。