06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

目が覚めて

2014/07/19
久しぶりの悪夢を見ていた。
だけど、夢から覚めても、昔の悪夢は悪夢のままで…。


もう何年も前のことだ。
19の時だから、かれこれ10年以上経つ。
私は自分で乗り越えられたと思っていた。
だけど、何一つ乗り越えていなかった。

もちろん、当時の事件のことはある程度乗り越えている。
だけど、その後の自分の有り様、それは受け入れ難いものがあるのだ。

私は精神的にパランスを崩し、崩壊への一途をたどっていた。
もう何者の声も届かなかった。
唯一届いたかもしれない祖母も私が崩壊中の間に他界した。
当時付き合っていた彼と別れると、崩壊の速度は加速した。

自分に価値があるなんて、まったく思えなかった。
何がどうなってもよかった。
両親はただ私の扱いに困っているだけだったし、
周囲の人たちは、私から離れて行った。
純粋に私といてくれた人は、ごく一握りだった。

純粋じゃない人、それはやはり私を「女」として見ていた人だったんだと思う。
反対に女じゃないと誰もいてくれないんだと思っていたのかもしれない。
だからなんだろう。
私は自らの傷をどんどん深めるようなことばかり繰り返した。

思えば、私はあの事件のことで当時以外は泣いたことがなかった。
誰に言う時でも、冷静だった。
今になって涙が流れ、また発狂しそうになる。
また、今更なのに。

私が女である限り、生きている限り、きっと悪夢は続く。
心なしか少しずつ色褪せながら。

だけど、今日も私は生きる。
受け入れられないものを抱えて。
あのころにはない、守るべきものを抱えて。
スポンサーサイト
06:13 過去 | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。