05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

薬なしでの生活

2013/06/30
実は第2子妊娠に伴い、薬なしでの生活を送っています。
もとの薬の量が少なかったのもあって、断薬もさほど苦しくありませんでした。
もちろん、不安になった時期もありましたが、夫のサポートでどうにかやり過ごしました。

仕事をしながらなので正直体力に不安はありました。
これまで通り、家事に仕事、育児。
そこに病気でないとはいえ、妊娠という体の負担。
加えて病気の変化という心配も…。
会社員なら産休はあるけれど、農家に産休はありません。
せっかく始めた仕事をどこまで落とさずにできるか、
全く自信なんてありませんでした。
(それでも子供が欲しいと願うのだから、女性は強いものです。。。)

幸い、妊娠の経過もよく、病気の経過も不変です。
いや、もしかしたら良好なのかもしれません。
以前の私からは想像できないくらい。
早朝から夜寝るまで動きっぱなしです。
精神的な安定が大きいからでしょうか。
子供が宿っているということで、喩えようもなく(私は)幸福な気分になれるのです。
上の娘を妊娠中は家事をするのだけで精一杯だった私ですが、
今はこんなにも多くのことを毎日こなせているのが奇跡みたいですね。

産後にどんな経過を辿るかは私もまだわかりません。
第一子出産後は多少調子を崩しました。
だけど、今の農繁期をちゃんと過ごせている、それが私にとって小さな自信になり、
また大きな財産になっていると思うのです。
だからやがては乗り越えられるものと信じてやっていきたいと思っています。
たまに娘がするんですよ。
背中をゆっくりトントン叩きながら「大丈夫、きっと大丈夫だからね。」って。
これは夫の真似そのままです。
娘は優しい子になりました。
そう、だから、まさに案ずるより産むが安し。
辛いこともあるけれど、それも乗り越えて人として成長する糧にしたいです。

↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
17:43 病気 | コメント(6)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。