08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

自己説得

2012/09/20
自分の病気を納得しようと自分を説得している。
ただ、やっぱり時間はかかるけれど。。。。

今まで頭に色んなことが浮かんで止まらなかったことがしばしばあった。
自分の意志で止めるのは結構難しい。
それはPTSDによるものだと思っていたけれど、それにしては内容は多岐に及んでいたから妙だとは思っていた。
昔はよく連想ゲームをした。
よく没頭してやった記憶が微かにある。
連想ゲームに似ているけれど、意識的でないことと、繋がりのないこと、それが相違点だった。

あるサイトをフラフラしていてある文字に目がいった。
それは自生思考といって、この病気特有のものだった。
一応きちんと調べてみた。
読んでやはりひどく納得した。
何をとっても私はやっぱりこの病気なんだなぁ、そう思うばかりだった。

診断から一カ月が経って、私の薬は5月の4倍に増えた。
(しかし、最大は今より3倍まで増やせる。)
種類は4種類から2種類になった(胃薬と頭痛薬を除く)。
これでいいんだと言い聞かせる。
何だか最近はこればかり(苦笑)

この先に何が見えるんだろう。
私には先がまだ見えそうもない。
けれど、とりあえず今はゆっくりしよう。
ゆっくりでも辿り着いた先に何が見えると信じて……。




↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
20:08 病気 | コメント(0)

足枷

2012/09/08
病名が変更になったのは、いいことだったと思う。
これからさらに的確な治療ができるようになるのだから。

ただ、
私の中で何かが変わったらしい。

私は普通じゃないんだという意識が強くなって、
周囲に対する警戒を更に強める結果になってしまった。
そのせいで幻覚や妄想は大爆発し、ストレスを強める結果になったらしい。
診断名をこれまで伏せられていたのは私のこの性格を見抜いてだったのかもしれない。
この人は言ったら悪化する恐れがある、とね。

足枷はまだまだ増えた。
寛解は望めるが完治は難しいだろうということで、私の気持ちは暗くなった。
ずっとメジャートランキライザーのお世話にならなければいけない。
ということは、子供ももう望めないということになる。
治ると信じて家族計画を立てていたところだったが、敢え無く私の計画は崩れた。

子供のために減らして来た薬もまた増えた。
薬を統一する(減らす)ため、シフトしていくために増えた。
これからは補助的にマイナートランキライザーと使い、メインではメジャートランキライザーのお世話になる。
これまでとは正反対。
それらの変化に私はどうやって着いて行ったらいいのかわからなかった。
時間た経つに従って、診断名が変わったということが大きく響いて来た。

診断名が変わってからどうにか過ごしてきたけれど、
自分はまだその病気だという認識は持てなかった。
否定する気持ちばかりになった。
けれど、精神状態が乱れた時に現れる辛い妄想と言う名の現実は、私は病気なんだという認識を強くして、
否定する気持ちと強く反発した。

そんな気持ちは
「私は病気だ、だけど、病気じゃない!」
そんな極端な二つの気持ちに挟まれて、とんでもなく矛盾したことを言わせた。

ねえ、私はこれからどんなに生きて行くんだろう?
夜空を見上げて星に聞いてみたけれど、答えはあるはずなどない。
ただ北極星を目指して進んだ旅人のように、私は私に定められた道を進むだけなのだろう。

足枷はまだ重い。
だけど、それでも歩いて行こう。
力ある限り。





↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
11:48 病気 | コメント(11)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。