05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

久々の更新、健全に戻ろうとする気持ち

2012/06/26
閉鎖のお知らせでもなく、挫折のお知らせでもなく、成功のお知らせでもありません(笑)
ただ、何となく、しゃべるところが欲しかったという。

とりあえず、どうにかですが、頑張っています。
かなりぼろぼろですが(苦笑)

メンタルが乱れた時にこそ、思うことはあります。
しかし、乱れが元に戻りつつある時思うことこそ、一番大切なものだったり。。。。

人は辛いことが続くと、現実逃避をしたり、相手を批難してみたり、
虚無主義になって諦めたり、自分が全て悪いんだと悲劇のヒロインに浸ってみたり、拗ねたり…色々なことをします。

それはとても自然なことです。
だけど、それだけですか?
それだけでお終い、でしょうか?
自分の中にほんの少しそれらに反発する気持ち、ありませんか??

人は元に戻ろうと、回復しようとする気持ちが湧きおこるようにで出来ていると私は思っています。
健全に戻ろうとする気持ちがあるはずです。
勿論、うつ病や病気の時はそんなエネルギーはほとんどなくて、気持ちの存在にすら気付かないかもしれませんが、
「いやいや、どうにか自分の力で受け止めないと。」きっとそんな思いもあると思うのです。

最近その力を感じます。
諦めたら簡単です。
「他人は冷たい。他人なんて信じるに値しない。」
だけど、そのままでいて、その先に幸せはありますか?
答えは病気になった人こそわかるはずです。

そう、答えはNO。
何故ならそうして逃げて来た結果が、今感じる不幸だったりするからです。
自分の健全に戻ろうとする気持ちをねじ伏せて来た結果、不幸に気付いた。
そういうことです。
しかし、それは幸せなことです。
不幸に気付くのは、幸せだと思います。
厳密に言うと、幸せの始まり。
それで健全な気持ちを思い出すキッカケになり、気持ちの修正が出来ます。
一番不幸なのは、不幸であることに気付かないこと…。
知らぬが仏、といいますが、そうじゃないこともあります。

だから、私は思うのです。
私は不幸かもしれなかったけど、今は幸せだな、と。
病気すらも自分の一部だと完全に認められる日が来るといいなと思います。




↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
20:03 病気 | コメント(6)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。