06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

悪化

2011/07/30
理由なんか何もなかった。
ただ頭が痛くて布団でゴロゴロしていたけれど
良くなる気配もなくてイライラしていた。

すると段々動悸がひどくなってきた。
心持ち身体が寒い。
過喚起かなと思った。
早めに頓服を飲んで寝ようとした。
けれども家の外でやっている草刈り機の音や子供の遊び声で目が覚めて飛び起きた。
額と首、背中からはおびただしい量の汗が出ている。
何だか嫌な気持ちのままその日は終わった。

翌日。
また頭が痛かった。
午前中は一人だけ汗を流し
午後は明らかに暑いはずの温度の中布団にくるまった。
頭の痛さが癪にさわる。
そうするうちにまた動悸が来た。
これは不味い。
直感的にわかったから頓服を服用して夫へ電話をかけた。
自分で判断できるような余裕など持ち合わせていなかった。

もう電話どころでなかった。
過喚起はどんどんひどくなりあっという間に四肢が痺れた。
そこで義母が到着したがもうほとんど動けなかった。
声も出ないし眼すら開けられなかった。


しかし運が良かったのか薬の効きが良かったのか
過喚起の発作は15分ほどでだいたい終わった。
しかし、まだ残っていたのは焦燥感。
何に焦っているというんだろう。
自分でもその正体が掴めないままだった。

発作は終わったが念のため病院へ行って診察を受けた。
そわそわすると告げると注射が打たれた。
すると寝たくても眠れなかったさっきがうそみたいに
いつの間にか寝てしまっていた。

その日はそれからは割合普通に過ごしたと思う。


そのまた翌日。
調子がまた傾きそうな気がしていた。
これがパニック発作の予期不安かと思いながら薬を飲んだ。
しかし飲んだ薬が良くなかった。
寝たくないのに無理やり眠りに就かされるあの感じ。
私はずいぶん暴れた。
「寝てなどいたくない。でも眠い。こんなのは嫌だ。」と床を叩いて訴えたらしい。
かなりの回数暴れた後私は断続的ではあるが8時間寝た。
それどころか夜も10時間近く寝た。
飲んだ薬が強すぎた。


そのまたまた翌日。
顔が動かなくなった。硬くて動かそうとしても動かない。
しゃべるのが嫌になった。
しゃべろうとすると人に否定されるようなそんな不安に駆られて
しゃべろうにもしゃべれなくなった。
自分が話している途中で遮られると自分の言おうとしたことを忘れた。
まるで思考が抜き取られたように。
かと思うと人が話したことは全て命令のように聞こえた。

これはいけないと思ったので病院へ行こうとしたが
今日は土曜日だった。
とりあえず処方通りメジャートランキライザー以外は飲んだ。
これで落ち着く様に祈るしかなかった。

少し落ち着いたかのように思えた。
けれどもイライラは残った。
意味もなく少しのことでイライラし無言でそっぽをむいた。
申し訳なくて一人山へ行こうと思った。
後先など考えずにただどこかへ消えてしまいたかった。
誰のせいでもないけれども強いて言うなら私のせいなのだろう。

どうかこれが私への罰でありませんように
そう祈った。
誰がこんな時にそんな非科学的なことを言うのだろう。
しかしそれ以外考えられなかった。
常識を知りつつ心の中は全く反対だった。
非科学的なことを確信していた。

どうかこれが悪化ではありませんように。
一時的なものでありますように。
私には守るべきものがあるのです。
私はそれを守れますように。

今日も星に
神に願いをかけた。



どうか皆が心穏やかであれますように。






↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
22:33 病気 | コメント(2)

「こっちの世界に帰っておいで」

2011/07/23
それはセカンド・オピニオンで言われた医師の言葉でした。

私が飲んでいるのはメジャートランキライザー。
つまり、それは統合失調症に主に使われる薬で…、
そこから出来れば抜け出して生活して欲しいということで言われた言葉でした。

統合失調症の人には、「独特の雰囲気」があるらしいです。
最近は診断の基準としてあまりにも主観的すぎるから、用いられているのも少ないんだとか。
でも、私(たち)には独特の雰囲気はない。
だから、なるべくメジャートランキライザーを止めて、軽い薬でやって行って欲しいということらしいです。
DIDは統合失調症って誤診を受けるというけれど、そういうところなんでしょうか。
勿論、現在通院しているカウンセラーからも統合失調症ではないという診断は頂いていますが…。

残念ながら、弱い薬では落ち着かないこの身体。
発作にもなるとかなりまともじゃないのは、もうよ~~くわかっています。
何というか、自分に振り回されている、という感じすらするほどに。
だけど、家族の為にも少しでもまともに生活していくために、薬が必要になっているわけです。
その薬の選択は非常に重要です。

デプロメール(ルボックス)は効果こそあまり実感しなかったのですが、
あの退薬時の離脱症状は辛かったです。
頭に電流が走るような衝撃が絶え間なく続いて、気が狂いそうでした。
あとは薬の飲み合わせで尿閉という大惨事もこれでしたね。
そう言えば、効いたな~って実感した抗鬱剤ってありませんでした(苦笑)
どれも効果の前に出る副作用が辛かったです。
三環系抗鬱剤は効き目が出るのは早いけれど副作用も大きくて、長続きしませんでした。
で、結局副作用の少なさでデプロメールに至ったのでした。

今回のジェイゾロフト。
吐き気は結構強烈でした。
吐き気止めが初めから一緒に処方されるくらいだから、結構マジョリティーな副作用では?
あとは不眠。
睡眠がプツプツ途切れます。
不安もありますが、もう少し飲んだら改善され…るのかな?
やはりどの薬も効き目の実感が非常に遅いです。
なのに副作用だけが前面に出て来る初め一カ月がキツイです。

今どうにか踏ん張らないといけない時期なので、薬の決断は難しいことです。
とりあえず、今は従来の薬を飲んでいますが…。



ところで、統合失調症が「あっち」の世界なら、DIDはどこの世界なんでしょうか。
DIDはよく興味の対象になったりしますが、そんなに楽しいものではありません。
まずは「生きる」ことが最優先。
その次に「いかに普通に生きるか」、それを考えます。
そういう意味では統合失調症とは異なったものでしょうね。
常に自分の中に自分を客観的に見ている人がいるので、
一見するとかなり普通です。
だけど、詳細を見て行くと、綻びが見え、そこから内部の混沌が露呈する場合が多いです。
だから、普通にやっている場合は、外見はマトモな場合がほとんどです。

うつ病は、近年やっと概ね市民権を得た病気ですが、
これはどこの世界でしょうね。
うつ病だと「こっち」なのかなぁ。
医師の話だとどうもそうっぽいです。
一昔前なんかはうつ病も「あっち」側だったはずですが、ストレスで誰しもなりうるということから、
「心の風邪」と言われるくらいです。
何が良くて何が悪いのか、病気は病気のはずなのに、何故か階級が出来ている気がします。

うつ病、自律神経失調症、統合失調症、不安障害、人格障害…。
たくさんあるけれど、「これならまだいいかな」という感じで使われるのが、きっとうつ病だとか自律神経失調症なんでしょうね。
うつ病もひどくなるとそんなことなど言ってられなくなります。
生命に関わる病気ですからね。

私は病気になってかなり長くなってしまいました。(回復もしましたが)
もう発症してから8年です。
命の炎が消えかけた時もありましたし、命をつなぐこともできました。
そんな中思うことは、唯一つです。
どうか全ての人に幸せになるために生きて欲しい、それだけです。
幸せになることに重きを置くか、生きることに重きを置くかは各個人の自由だと思います。
だけど、幸せは生の先にあるものだと思います。
苦しくても、いつかは幸せになりましょう?
その力が皆誰しもあると私は思っています。




↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
21:54 病気 | コメント(4)

セカンドオピニオン

2011/07/13
…なるものをしようと思いました。

実は今飲んでいるお薬はもう1年近く飲んでいます。
メジャートランキライザー1種とマイナートランキライザー2種。
どうしようもない時(つまり強制入眠となります)の頓服が1種。

主治医とも付き合いが長くなって来て、何を訴えても特に変わらなくなり、
(不安を訴えても流されている気がする?^^;)
思い切ってセカンドオピニオンを求めて、他の医院へ。。。。
ここの先生はこれまでのお薬手帳の処方を元に薬を処方しました。

ジェイゾロフト(SSRI)、スルピリド、デパス、胃薬。
抗鬱剤がプラスされています。それにメジャートランキライザー、マイナートランキライザー、吐き気止め。

とりあえず、解決すべきは鬱みたいです。
(補足ですが、解離を治す薬はありません。解離をしないような状態を作るための治療が優先みたいです。)

でも、突然今まで飲んでいた薬を止めるのは、とてつもなく恐ろしかったので、
ジェイゾロフトだけ服用して寝ました。

が、そこが問題でした。
朝起きると副作用が……。

まず息苦しい。過喚起を起こしそうな不安にかられます。
そしてそわそわします。
ご飯を食べても味がせず、吐き気までします。
極めつけにはとてつもなく憂鬱です。

「飲むんじゃなかった……!」心底思いました。

いてもたってもいられなくなって、新しい先生に電話してみると、
「ジェイゾロフトは単品だけだとかなりキツイ」
「飲むなら4種全てを飲んでくれ」
「以前から飲んでいる薬は1種類くらいなら続けてもいい」
ということでした。

正直、最後のはびっくりしましたが(通常メジャートランキライザーは急に止めてはいけない)、
先生のおっしゃるように遅ればせながら、残り3種を飲みました。

すると、1時間もしないうちにみるみる元気に。
さっきまでの無気力やそわそわ、憂鬱な気持ちがどこへやら。
息苦しさは多少残るものの、過喚起を起こすまでではありません。

実に不思議な体験でした。
今までここまで劇的に気持ちが変わったことはありませんでした。
デパスの効き目か、それともスルピリドの効き目か…それはわかりませんが、
どうやらジェイゾロフトという薬は他の薬の力を借りないと、飲み始めは厳しいようです。

ただ、今迷っているのは、この抗鬱剤(セカンドオピニオンの方)を飲むか、
従来の薬を飲むか、です。
何故なら、抗鬱剤は飲み始めると安定してから通常半年は飲むことになるからです。
(ちなみに効き目が出始めるのが1カ月ほどらしいです。)
これ以上お薬の服用期間が伸びるのはちょっと抵抗があります。
実は私、セカンドオピニオンを求めてもお薬の処方までは望んでいなかったので、
このような悩みは想定外でした。
しかも、診断は特になし、という(笑)←もちろん病気ではないということではありません。
いえ、いい先生だと思います^^;
非常に頭のいい先生だと感じました。
だけど、これまでの主治医も熟練した先生です。(しかもこちらの病院にはカウンセラーもいる)
さて、どちらを信じて治療すればいいんでしょうか…。

うつ病は治る、と聞きます。
特に慢性化して長期化すると希望が持てなくなって来ます。
できれば治る治療法を選びたいものですね。

今日は経過報告のようになりましたが、
どうか皆さまの心が平穏であれますように…。




↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
22:01 病気 | コメント(2)

思い出した

2011/07/05
インターネットをしていたら記憶がフラッシュバックした。

3年前の4月1日。
私が一度死んだ日。
もうすっかり記憶から欠落していたあの日。

何というわけでもない。
ただ、当時所属したばかりの劇団員とうまくいかなくて、
皆やらないからと私がやっても全然それは的外れなことで、
ああ、こんなことですら私を拒むんだと思った。
そう思って、出勤したばかりの(今の)夫に電話をした。
「もうさ、死ぬから~。ごめんねぇ~。」って。

電話を切ると、夫には申し訳ないけれどどうしようもなかった。
止められなかった。
私には何一つ残っていなくて、一人残された家でのろのろと用意をした。
確か、ブログの更新もしたっけ。
「これから死ぬけど、本当に死ぬのかなあ」などと矛盾したことを考えていた。
それから、そう、玄関入ってすぐ、夫の部屋の戸の上にまた小さな戸があって、
そこを開けて柱にインターネットのケーブルをかけた。
脚立に乗って首をかけ、足を踏み出した。
当時の夫の部屋で、薄暗い部屋だった。私は玄関側を向いてぶら下がっていたと思う。
朝9時か10時の出来事だった。

そこで記憶は途切れる。
痛いとか、苦しいとか、そんなことも覚えていない。


目覚めても、何一つ覚えていなかった。
京都に引っ越して来てからのことはほとんど何も覚えていなかった。
劇団のことも何一つ。
動機も何も覚えていない。
思い出さなくていいと夫は言った。
思い出さないように携帯もなかった。
記憶を辿る術は何もなかった。
そして、追われるように転勤が決まって引っ越しした。

これまで自殺未遂もまるで他人事のようだった。
あと少しでも発見が遅れていたら、間違いなく死んでいただろう。
半年ほど首筋に残っていたケーブルの痕がそれを物語っていた。
なのに、そんなこともまったく実感などなかった。
忘れていることが必要だとでも言うように、私はすっかり忘れていたのだった。


3年経って、やっと思いだした。
やっと自分のことだと思った。
今まで軽々しく自分の自殺未遂のことを語っていたのかもしれない。
だけど、あの時の例えようもない絶望を思い出してしまった今は、もう語る気にもなれなかった。

おかえりなさい、あの時の私。
あの時の私がようやく帰って来た。
いや、DID患者として正しく表現するなら、あの時死んでしまったあの子を
今になって「私」の中に取り込んだとでもいうべきなのか。

何故今なのかはわからない。
どうして今までこんな大事なことを忘れてしまっていたのだろう。
いや、大事なのだろうか。
きっと忘れることの方が大事だったのかもしれない。

生きたくても死ななくてはいけないと思ったあの気持ちを…。
自分で自分を生かしてはおけなかった。
最後まで自分を許せなかった。
それだけで心が一杯で、だけど空っぽだった。
どうしたらあの気持ちを表現できるだろう。

「最期くらい自分のことだけ考えてもいいよね」
そう思ったのも覚えている。

まだ整理ができないけれど、あの時考えたことの訳を、今思い出したことの意味を、
私たちは考えて行こうと思う。




↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
16:22 過去 | コメント(0)

働けるのか否か

2011/07/05
私は正社員という形で働いたことはありません。
学生を長い間やっていたし、その間勿論アルバイトの経験はあったけれど、
正社員の経験はない、所謂世間知らずの主婦です。

もう病気を発病してから10年余り。
学生時代は父の扶養でしたから、医療費は両親持ち。
結婚してからは夫の扶養なので、夫が負担してくれています。
けれども、ご存知の通り治療にはかなりのお金がかかっています。
途中で自立支援法の申請を行って1割負担にはなったものの、それでも入院をするとかなりの額です。

勿論働けるなら働きたい気持ちはあります。
いいえ、将来娘のためなら働くと思います。
けれど、やはり診察+カウンセリング+作業療法だと負担は大きいのが現実です。
現実問題として、お金がないと適切な治療は続けられません。

色々考えて、障害基礎年金を申請しました。
医師の診断書(必要に応じて遡及請求するなら初診時と初診から半年後の診断書も)に、
病歴の申立書、年金が振り込まれる口座の申請書など、結構手間はかかります。
過去の病院に診断書のお願い、病状を申告する申立書、これらがかなり苦痛でした。
診断書は現在のはいいですが、過去のものは北国に来る以前のものでしたから。
どれも苦い思いをしながらの手続きでした。
(事務的なものはすべて病院や夫がやってくれましたがね)

それで提出はしたのはいいけれど、また書類に不備があれば訂正し、提出…。
その繰り返しが3回ほど続きました。
何回夫に南へ電話をかけてもらったことか(苦笑)

結果、私は認定されました。(遡及分については不明)
書類を揃えるのに半年近い時間を要し、提出して訂正して認定まで4カ月。
これで2年間の受給資格は得られました。
認められてほっとしたような、自分への失望感が膨らんだような、複雑な気持ちでした。

障害年金受給に関しては、色々な意見があるとは思います。
税金で人様のお金からなっているものですから、否定的な方も多いでしょう。
なるべくなら、(家族以外の)他人の力を借りて生きていけるのがいいのですが、
それが出来ないので国の力を借りて生きて行くしかないのです。
(勿論ずっと借りたままで生きて行こうという意味ではありません。)
そう、自分の力ではどうしようもないから、薬に頼って生活していくしかないように…。
誰かが言っていました。
少しでも生きていきやすくするための手段だとも……。


なかなか難しい問題でしたね。
人それぞれ意見や生き方が違うので、課題の多い問題です。
しかし、それを考えることも、きっと大事な問題だと私は思っています。




↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
09:11 病気 | コメント(0)

どうしたらいいものか

2011/07/02
最近ひどく疲れています。

諸事情があったからなんですが…
心からエネルギーが全く湧いてこない状態が続いています。

どこにいても安心できないです。
仕方ないからここで久しぶりにぼやこうかと思いました(苦笑)

私たちは、記憶の呼び出しが非常に苦痛です。
たとえば、私が友達と喧嘩したとします。
だけど、その記憶は、外見は「私」であっても、中身も「私」とは限らないし、
また内部の人も数人が見ている可能性だってある。
そうすると記憶がいくつにも分散していることだってあるのです。
見え方・捉え方だって変わってきます。

フラッシュバックなどは一番辛いことです。
強制的にトラウマ体験を呼び戻します。
しかも、記憶が混在していて(内部での人格も統合、分離を繰り返していますからね)何が何なのかわからない。
もう、二度と体験したくないことです。

なのに、必要に迫られて思い出そうとしました。
それが出来ないと私自身だって困るからです。
案の定、混乱した記憶しかなく、しかも穴だらけの記憶でした。
冷や汗が流れ、手先が痺れ、喉が渇いて口が開かなくなりました。
それでもどうにか思い出さないとといけない。
……拷問のようでした。

過去に囚われることなく生きて行きたいですね。
心からそう思いました。
人はたくさんのものを抱えて生きています。
けれど、その抱えているものを少しでも減らしていくのが、
私たちの課題のようです。

持っていることがいいことではない。
時には捨てることが大事になることがたくさんある。

今日はそれで締めくくりたいと思います。




↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
09:21 戯言 | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。