07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

現状とこれから

2010/08/19
先日の日記にも記したように、現在はお薬は服用していません。
医師には何度か飲むように勧められたのですが、
どうしても飲むことが出来ず、一度飲んでみても続かず、といった状態が続いています。

お薬を飲むと眠くて家事や育児に差し支えがあること、
母乳に移行するので徐々にミルクに切り替えないといけないこと。
(しかし、娘はどうしても直接母乳を好む時がある)
この二つが続かなかった理由です。
本当は症状が少しのお薬でも治まるうちに継続して飲んだ方がいいらしいのですが。

とはいっても、薬なしの経過観察のみでどうにかなっているのが現状。
一応、病院には行くものの、病院では投薬くらいしか出来ることはないらしく、
どうしたらいいのか途方に暮れていました。

たまに、どーんと苦しくなる時があるらしく…。
そんな時は娘さえ許せば二人でごろーんとしたり、少し間娘の面倒を見ていただいたりしています。

それでも念のために出されている薬はロナセンにエビリファイの液剤。
お薬の傾向からしても、統合失調症の症状に効くものです。

通院の実績がどのくらいなければ、健康保険に入れるのでしょうか。
やはり娘のことや家族のことを考えると、保険に入りたいと思っています。
(今はガン保険だけなのです…。)
しかし、残念ながら自立支援法は申請しているし(つまり治療の実績があるということになる)、
期限が切れそうな茶色の手帳(これは保険とは直接関係はない)さえあります。
主治医は今の症状だと、もちろん手帳の更新は出来ると言っています。

うん、やはり健康が一番だなぁと改めて思います。
例え税金なんかのお金をいくらか免除されたとしても(手帳を持っている方はおわかり頂けると思います)、
健康でいるのが一番いいし、お得だとも思いますね(笑)

元気になっても、トラウマや生い立ちなどからやはり人付き合いは苦手で、
色々ハンディキャップがあると実感しています。

何というか、自分のことをあまり加減が出来ない人間なんだと考えています。
距離を詰め過ぎたり、置き過ぎたり。
詰め過ぎて不快な思いをしないだろうって思っているのは、夫くらいだと考えるようにしている。
だから、あまり自分からは積極的に話しかけていかない。
でも、寂しがり屋で頼られるとやりすぎる傾向がある。
まあ、わかってはいても、なかなかそれを打破することも出来ず…。

自分の殻を破ると、
また違う明日が待っているのかもしれませんね。

昔、何度か「精神力が足りない」と言われたことがあります。
つまり、それは心がストレスに弱いということ。
うつ病も統合失調症も科学的には脳がストレスを受けることによって
脳内物質のバランスが乱れ、発症するらしいですが、
心と脳、その関係は未だわからないままですね。
脳を調べれば、正確な病名もわかるのでしょうか。

心と脳。
同義であるような気も、違うような気もします。



↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
21:23 病気 | コメント(4)

強迫と鬱と統合失調症と

2010/08/13
現在主治医に言われているのが、症状としてうつ病よりも統合失調症の症状の方が強く出ているということ。

しかし、深く掘り下げていくと、それは表面上のものであって、根底には別のことが横たわっているのかもしれない。
そんなことに気が付いた最近。

うつ病の症状も、統合失調症の症状も、全て元になっているのが、強迫じゃないのかという結論に至った。

そんな時にこんなHPを発見した。
強迫性障害 症例集

ここにも誤診を受けやすいという記述がある。
これに似た症状がある。


<症例2>(女性・強迫スペクトラム 自己視線恐怖症を含む社会不安障害)
●家事をするのに手順が狂うとイライラする
●お気に入りの雑誌が多く読みきれないにもかかわらず、発売日が近づくとソワソワし購入
 してしまう
●一日の流れの作業で、端折るのが苦手
●使命感が強く、自分がやらなくてもいいものまで着手してしまう。
●こだわりがつよく、その日で印象の強い事柄に会うと一日中頭から抜けられない。
●過去の記憶がかなり細かく残りやすい。
●自分を押し殺して周りに合わせる性格なので、集団行動が苦手だ。
●独語が多い
●一日に何回も鏡を見る。


これは最後以外私たちのことではないのかと思ったりするぐらいだった。
また、この例も割と昔に強かった。

<症例23>(女性・神経症 強迫 社会不安)
●親、兄弟、Drが怒っているのではないかと心配する。
●車に乗車中、周りでクラクションがなると、自分にならされているとおびえる。
●「どうしよう」「ごめんなさい」を口にすること多い。
●スケジュールがつまっていないと気がすまない。
●約束の時間より、かなり早く出かけないと心配になる。
●自分のことを言うのは苦手。
●Drの前では話せない。

今は少し緩和しているので、病的ではないが
あまりに似た症状があるので少し驚いた。

案外強迫性障害の典型的な症状がないから、考えたこともなかったが強迫の疑いも捨てられない。
診断が違えば投薬も異なる。
もし、今後投薬が必要ならばどういう薬が効くのかを覚えておいても損はない。
薬など飲まないのが一番だけど、飲んで毎日恙無いのと、飲まずに四苦八苦とでは前者を選ぶに決まっている。
離乳までのあと数カ月を乗り切れればいいのだが。

また、メモとして主人格ほど幻聴の症状が強く出ることが多いらしい。
外部との接触からストレスが大きいためだと思われる。
治療をするとなると、誰の苦しさを基準にして治療を進めるのかもまた決めておかなければならない。

DIDとその他の疾病が複合することで、治療はより複雑になるが、
私たちも内部観察を続け、今後に備えて行きたい。




↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
22:02 病気 | コメント(2)

新たに

2010/08/12
お久しぶりです。
順調に子育てが進む中、やはりつぶやきの場所が欲しいという要望があったので、
ここで不定期ではあるけれども、記事を残すことにしました。

現在の状況としては、良からず悪からずといったところです。
服薬はないものの、経過観察です。

何故かというと、妊娠中、産後しばらくは良好な経過をたどるものの、
割と多くの人が産後半年を過ぎた当たりから、悪化するということがあるらしいからです。

その辺はまさに、どんぴしゃ。
ええ、そのくらいにちょっとした悪化を覚えました。
症状は、幻聴に苛立ちといった統合失調症の症状です。
もともと有る症状ではあったのですが、以前はうつ病の症状の方が強かったです。
しかし、今回は統合失調症の症状が強くありました。
初期に対応したので、現在は落ち着いてはいますが、
やはり多少のハンディはあるようです。

さて、この先どうなるか、否どうするかは、
また複数で考えて結論を出していくとは思いますが、
どうぞ、これからもよろしくお願い致します。

ちなみに、ブログタイトルを変更の予定ですので、
そちらもよろしくお願い申し上げます。




↓一日一回有効です。応援よろしくお願いします。
18:48 未分類 | コメント(2)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。