05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

泣き虫こむしの私

2008/06/30
今日は同居人の仕事が休みだったので色々伊達市で用事を済ませた後、
羊蹄山の湧き水を飲みにドライブしてきました。

正直言って最近の私は出不精ですっぴんがざら(;・∀・)
人のいる所は好きじゃない。。。

京都で育った同居人は自然が大好きですごく喜んでいました。
だけど、私はド田舎で育ったから実家から少し行けば山の中なんか当たり前で・・・。
それよりも大事な休日をこんな風に使ってもらっていいのか私は不安でした。

ちょっとそこでケンカ。。。
お互いゴメンナサイで仲直りなんだけど・・・。
今度は大きなポリタンク持ってお水汲みに行こうね、って約束。

私もどうにかして力になってもらっている分とは言わないけれど、
同居人の力になりたい。
同居人は少しでも私の負担を減らそうと事故処理とかあれこれしてくれる。

何だかそれを考えると食欲も消えうせて・・・
食べずにこのまま死んじゃったらいいのかな・・・なんてまたいけない考えが。

鬱はこういう思考回路が癖になってしまう病気なんだと今更ながらに実感する。

鬱になってもう何年だろう?
同じ薬を変わらない量飲んで何年だろう?

今でもたまに起こる自傷衝動。

ぼんやり考えながら寝ているとピチチ、と鳥が鳴いた。

小さな命。だけど、懸命に生きている。。。
懸命に生きようとしているのは私もだけれども。

同居人は言った。
「私を想ってくれることが大事なの。それを素直に伝えてくれたらいいからね。」
って。

私はまた泣いた。

私は頼りきりだ。
少しでも同居人を支えられている部分が私にもあればいい。。。
そう心から思いました。

だからこそ、生きようとも・・・・・・。

スポンサーサイト
21:18 日常 | コメント(0)

私は疫病神

2008/06/29
昨日以来、携帯恐怖症になってしまった。

相手のご主人も後でかかってきた電話で「すんません」と言ってくれたから
お酒の勢いで言ったことを反省したのだろうけれども・・・。

電話が鳴るのが怖いから、いつもなら枕元に携帯を置いて寝るけど
昨日はこれ以上着信がこわくて一階のリビングにおいて浅い眠りに就いた。

今朝、携帯を探すとどうやら同居人が持っていったらしい。
事故の当事者は私だから私にかかってくる。
だけど、それは車の故障で、後の対応が悪かったのは自分だと同居人は思っているらしい。

同居人は朝6時過ぎに家を出て行った。
もうサミットが近いから仕事も大詰めらしい。

だけど、昨日震えている私に「対処は私がやるからね」そう言ってくれた。

・・・大の大人が情けない・・・。
確かに同居人の方が年上だけど、それを差し引いても私は弱すぎる。

京都に帰りたくて私は泣いた。
こんな空っぽな町は嫌だった。
一人は嫌だった。

だけど、いくら苦しいからって同居人に仕事に行かないで、とは言えない。
サミットのために出店するお店の立ち上げを手伝う同居人の未来を潰したくない。

とんだ疫病神だ。
お金もないのに面倒みてもらって、仕事もできないから、
家事をしないといけないのに、少ししかできなくて。
負担を増やす事しかできない私は、疫病神でしかない。

そう思うとあの時、そう4月1日首を吊ったまま死んでいれば、今こんなことになっていなかったのに。。。

そう思ってしまう。
悪い癖だと思いつつも止められない。

疫病神だと自分を知ったときから、私は家族と離れようと思った。

ダッテ、ワタシハナニモデキナイ子デショ?

それでも死ぬ事は許されないから、私は罪を重ねつつも疫病神を続けるしかない。
否、疫病神だからこそ死ぬ事が許されていないのかもしれない。

だけど、私だって思う。
皆に、せめて私が知り得る人皆に幸せになって欲しいよ、と。

それだけしかできないけれど。
せめてそれだけでも。。。


10:05 戯言 | コメント(2)

動揺

2008/06/28
もちろん、私が悪いことだけど。
当て逃げは当て逃げだから。

怖かった。慣れない土地に慣れない言葉。

「綺麗に直してもらわなかったら警察もう一回行くから」

当てた時に乗っていたおばさんはいい方だったけど、
電話で話をしたご主人は怖かった・・・。

車を買ったところに先方の事故の処理を任せていて、
どうしていいのかわからなくて、ただ、ひたすら謝った。

しばらくして、一人いると、この家だけまるで異空間に放り込まれたみたいで・・・。
血の気が一気に引くのがわかった。
呼吸が浅くなって、頭が混乱し始めて。

もう車なんか乗らない。。。

何で久しぶりに乗った車が納車初日でブレーキ壊れて事故すんの・・・?

解ってる。私が死んだところで何もならない。
だけど、この恐怖と苦しさ、誰がわかってくれるっていうの・・・?

今は電気の明かりもテレビの雑音も聞きたくない。
ゆっくり、過ごせると思っていたのに・・・・・・。


20:49 戯言 | コメント(2)

ダイエットと鬱。

2008/06/27
朝、隣で同居人の目覚まし時計が鳴った。

同居人は気付かずに寝ているらしい、
鳴りっぱなしだ。

寝返りを打つ。
お気に入りのボロボロになりつつあるタオルケットに顔をうずめて、
もう一度寝ようとした。
だけど、膀胱炎による睡眠不足のせいで息苦しい。

寝ている同居人に来てもらって、
ワイパックスを朝から飲んだ。

「病院まで送っていくから。OK?」
「ダメ、仕事でしょ?」
「だって、心配だもん・・・。」
「だからって仕事遅刻しちゃダメだよ・・・。」
「でも、一人で行くのは身体も辛いし行きたくないでしょ?」
「・・・・・・。」

私はぶーたれるしかなかった。
ぶっさいくな顔。。。

結局送って貰って帰りは自分で帰ることにした。
その方が同居人には迷惑をかけなくて済む。

小さな町の割には小奇麗な病院だった。

案の定検尿コップを渡される。
しぶしぶ採尿室へ行く。

うとうとしていたら名前を呼ばれた。
「私」じゃなくて「なおみ」と呼ばれたからしばらく気が付かなかった。
同居人は「ひとみちゃん」と呼ぶから。

体重を測らされる。

・・・屈辱的なくらい重い。
デブじゃん、と自分に吐き捨てる。
服のサイズが変わったわけではないけど、明らかに私が一番好きな私の体重じゃない。

歩いて帰って、息が切れるけど洗濯をこなしてソファーに横たわった。
もやり、と眠気がかかる。

それを振り切ってネットでダイエット商品を漁った。
だけど、今まで幾つもダイエットサプリを飲んで効いた試しがない。
寧ろお通じが悪くなったり・・・。

マ○イクロダイエットしかないのかなぁ・・・。
お財布を覗いてみる。

高すぎる。。。 Σ(゚д゚lll)
痩せる方法があったら教えてください。。。

今の自分なんて生きている価値なんてない。
小さな頃は細かったのに、ストレスとお薬で太って・・・そんなに食べてないのに。

もうサイアク。
同居人みたいに細くなりたい。。。

でも、キレイって何だろう・・・?
女の人が言うキレイと女の人のキレイってずれてる気がする。

20:40 過去 | コメント(4)

一人カラオケヽ(´ー`)ノバンザーイ

2008/06/27
今日のお題はひとりカラオケですか。。。

ええ!したことがありますとも!! σ(`・・´ )
初めは誰も家では煙草を吸わないから、暇つぶしと煙草を吸うために行ってました。

だけど、せっかく行ったんだから練習しないと!と思って新曲を練習♪
これは当然ですなw

それから人前ではなかなか歌えないLA'rc~en~Cielの激しい曲を歌いまくったり、
演歌にも挑戦( Θ_Θ)(←何でも挑戦!)したり(「天城越え」が十八番w)、
高校時代の懐かしい音楽を歌ってみたり、
友達が結婚するときのために結婚式用の歌を練習したり。。。

ま、満室になって熱唱中だったためにコールに気付かず、
ラルクの「虹」の熱唱中に店員さんに直接言いに来て貰ったことも(;・∀・)

もう今は煙草は吸いませんが、北海道に来るまでは一人カラオケたまにしてましたw

さ、今日は明るく終われた、かな」?(〃▽〃 )


実は今日朝病院に行ってました。

膀胱炎のお薬もらいに。

いつも通りに常用薬を話して・・・これがあまり好きではない。
だって、内科では顔をしかめられる気がするから。。。
それから抗生物質を処方してもらう。。。

よくなるといいなぁ。
これで今晩はちゃんと眠れるかな・・・?

18:38 日常 | コメント(2) | トラックバック(0)

体調。。。

2008/06/26
必ず朝4時頃に目が覚める。
何か妙な感覚。
用を済ませてまた床に着くけれど、妙な違和感が離れず眠れない。


気にしていなかったけれど、翌日気がついた。
膀胱炎だと。
そう言えば免疫が落ちると膀胱炎になりやすいんだっけ・・・。

でも水分を摂っていると良くなってきたので同居人の勧めを断って病院へ行かなかった。
だけど、今になって苦しい。

病院はあるけれど、一人行く元気がない。
最近スーパーに行くのも少し勇気がいる。

能無し。役立たず。プー太郎。

そんな言葉が聞こえる。幻聴を消す薬を抜いたせいか一日中聞こえる。
でもそんなことに神経を磨り減らすのも馬鹿馬鹿しい。

今日は霞で海の水面がハッキリ見えない。。。
21:20 病気 | コメント(0)

猫という存在

2008/06/24
小さな時母の膝にちょこんと座って、少しばかり慣れない環境に戸惑っていたのは、先代の猫だった。

私はこの猫と一緒に歳をとり、成長した。

しかし、私が19の時、蚤に寄生された猫は痩せ細った。

しかし薬を塗ってやると回復した。
また元気になる、そう思っていた。

そんな日、私は強姦未遂に遭う。
ボロボロになって12時前に帰ると猫が裏口のドアの前にいて、私は気付かずに猫にドアをぶつけてしまった。

ごめんね…。

明日もいると思って私はそのままお風呂に行ってしまった。


しかし、次の日からその猫はいなくなってしまった…。

歳もあったと思う。祖母は自分が死んだ姿を見せないように旅に出たのよ、と言った。


そして、暫くの間我が家から猫はいなくなった。
皆先代の猫を忘れられなかった。


しかし、ある日新聞の猫を譲るという記事を一目見て、私は貰いたいと思う。

先代を想わせる虎柄が私の目をひいた。

里親さんに直ぐに電話をとり、我が家へ来た小さな猫。

名前は凛と名付けられた。

凛ちゃんが来ると家の皆が凛、凛と名前を呼んだ。
先代の大人しい性格とは違ってお転婆で可愛くて家族は可愛がった。

でも凛を貰って来た当の本人である私は、今、傍にいない。

だから寂しい。
携帯を開いても凛は写真にいない。


ごめんね、凛ちゃん。会って遊んであげられなくてごめんね…。

どうか私を忘れないで…。

22:04 戯言 | コメント(2)

苦しくて

2008/06/23
事故った。

車のブレーキがスカスカだった。

相当減速してぶつかっただけに傷は見えなかった。

車を買った初日でブレーキが壊れてるなんてあり得ないし、
しかも久々の運転だっただけに混乱してその場を去った…。


これがいけなかった。



苫小牧までもうすぐ着くと言うとき。

携帯が鳴った。


警察からだった。

誠心誠意心から自分の失態を詫びた。

物損事故扱いになった。

だけど、神経を磨り減らした私は、帰るなり車から崩れ落ちて倒れた。

夜は過呼吸に襲われた。

薬を服用しているうちはあまり運転をしない方がいいのかもしれない…。

反省したけど、気持ちまだ解放されることはない…。


07:41 日常 | コメント(2)

働けないのか働かないのか

2008/06/21
お金はいつまでもあるわけではないから、働かないといけない。

今は暫く養生を命じられているけれど、いつまでも甘えてばかりいられない。

悲しいけれどお金はいくらあってもきりがない。
医療費は馬鹿にならないし、その為の交通費もある。
人だから食べ物だって食べるし、(特に女性だからか?)洋服や靴にバッグが欲しくなるときもある。

特に私は禁欲的には生きられないから、お金は減るばかりで…。

ここは働くところもない…。

今はいいけど、将来は…?


私は働けない振りをしているのだろうか?
皆、身体に鞭打って働いているのに…。

18:15 病気 | コメント(0)

床にて

2008/06/18
負担になったら殺して。


そう私は手を取り首に巻き付けて言った。

もちろん死にたいわけなんかない。

ただ、負担になりたくない。
これ以上迷惑かけたくない。

どうか早くこの地に身体が馴染みますように……。

20:59 戯言 | コメント(0)

考えがまとまらない

2008/06/14
思っていることはたくさんあるのに、
全然形にならない。

だから何も出来なくて、ただ息苦しくて寝ているだけ。

脆いくらいに身体は崩れ落ち、私の身体は沈む。


「なおみ」はいない…。
コントロールタワーは「ユカリ」。

さぁ、一つの山場だよ。
そう彼女は言った。

要らない思考回路を断ち切って、
また新しい私たちへ!

18:06 病気 | コメント(0)

遠い地で

2008/06/13
空気が薄い。
息が切れる。
ご飯が喉を通りにくい。

雨が降って少し楽になった。
まだ、ここのカラリとした気候に慣れていないから、湿度が息をしやすくしてくれる。

私が育ったのは西日本の南。

父や母、姉はどうしているだろうか?

家族を振り切った私をどう思っているだろう…。


たまに出る地元の方言。

どうか皆元気でありますように…。

私は大丈夫だから。
19:19 戯言 | コメント(0)

身体が着いていかない

2008/06/12
昨日の夜から息苦しい。

手先に痺れがあるから過呼吸…。

北海道の地はいいけど、アレルギーが一気に出たりして身体が落ち着かない。

友達は仕事。
忙しいから頼れない。

がんばらなきゃ……。

08:49 病気 | コメント(0)

耐え忍ぶこと

2008/06/08
それは時間が刻々と過ぎて行くのをただ見守るだけだ。

暗い部屋の中でただ待つ。

お腹が減っていると感じるけれど、それも気にならない。

…寂しい…?

ううん、寂しくなんかない。

ただ今は自分よりも人を思うだけ。

21:02 戯言 | コメント(0)

ミニスカートと食欲

2008/06/03
見てて鳥肌になった。

細く長い手足に半袖で背中の開いた流行りのトップスにデニムのミニスカ。
ガサガサとナイロン袋の音を立ててカロリーメイトを頬張り、ミルクティーを飲み干す。
だらしなくサンダルを脱いで……。


何故か吐き気を覚えた。
不釣り合いな感じがしたのだ。


ちょっと今日は滅入っているらしい…。

12:05 戯言 | コメント(0)

気だるい日…

2008/06/03
今日は通院日。

最近バタバタしてるから朝から胃痛が…。

最近朝早くて夜遅いからかな…。

一寝入りしてみたけど、ダルい。


ここを離れたくない…。

なんて考えが浮かぶけれど、今更覆せないことで…。

布団の中で寝返りを打つばかりでした。


体が疲れてるのか精神的に疲れてるのか今ひとつ解らない……。

先生に言ってみよう…。
10:15 病気 | コメント(0)

いよいよ…

2008/06/01
6月ですね。

なかなか記事がUP出来ませんでした。


さて、私はと言えば普通に鬱さんと一緒に暮らしています。

だけど前みたいな暮らし方じゃなくて、もっと気楽な付き合い方…かな(笑)

やっぱり薬は必要だけど。


えーと、突然ですが近畿圏から北海道に引越します!

自然に癒されて参ります。。。


さぁ、頑張って引越し作業するぞ~(o^-^o)
20:44 日常 | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。