01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ちょっとだけ。。。

2008/02/27
PCからの更新をお休みします。
携帯からは更新するかもしれませんが、PCからは見えないかもしれません(;・∀・)

どうかご了承ください。。。

スポンサーサイト
21:46 日常 | コメント(2)

死が呼ぶもの

2008/02/24
調子が、悪い。

身体が重い。

引越しだというのに、身体がどうにもならない。

死は死を呼ぶ。。。

目に漂白剤が止まった。

いけない、いけない。。。
20:12 病気 | コメント(4)

教授と生徒と

2008/02/23
今日、教授と食事をした。
雪が舞い散る中、私たちは繁華街のある駅へと向かった。

着いたのはほっとする雰囲気のお店。
先生は生中と私は梅酒のソーダ割りをオーダーした。

びっくりするくらい食べた。
今朝など食欲の欠片もなかったのに。

食事の間に沢山の話をした。
将来のこと、先輩たちのこと・・・。

ショックな話があった。
先生が家まで送ってくださった後に話してくださったことだった。
私の一つ上の先輩が、大学院でも先輩だった人が、
年末自殺で亡くなっていた。。。。。。

今でも覚えている、あの憎めない無邪気な先輩の笑い方を。
心の病気ではなかったらしい。
なぜ・・・・・・。


だからこそ先生は言った。
「お前は死んじゃいけないよ。」
先生の目は今にも涙が溢れそうだった。。。

私は死なない、と約束した。
私は引っ越せば死なない、と。


先生は自身の息子さんをうつ病で亡くしている。
そして、先生曰く、目をかけていたら救えたはずの教え子まで亡くしてしまった。

罪を、背負って生きているのだ。。。
背負わなくていいはずの罪を・・・・・・。


お酒で珍しくぼにんやりしているけれど、
先生、私、死んだりなんかしません。。。。。。


そう誓い、先輩に黙祷を捧げた。
23:57 日常 | コメント(2)

退学願

2008/02/22
今日、久しぶりに学校へ行った。
学生生協の出資金返還と退学願提出のため。

久しぶりに会った教官は随分と疲れて見えた。
書類を渡すのを少し躊躇って私へと手渡してくれた。。。

「あなたとは随分話をしましたね・・・。
あなたは研究者に向いているから、いつでも帰って来なさい。。。」
そう言って白髪雑じりの頭を垂れて目を伏せた。

先生、先生にはいつも心配をかけて助けられてきた。。。
私は、そんな先生の期待に応えることが出来ず大学を去るけれども、
ずっと貴方への恩は忘れないだろう。。。


私は手早く書類を仕上げ、また教官室を訪ねた。
「早いですね。」
教官の承認印をまた少し躊躇って押した。

「・・・・・・これを出せば貴女はここの学生ではなくなってしまうんだね・・・・・・。」

出来る限りのお礼の言葉を述べた。
すると先生は、そうされると言葉がでなくなるから、と私を遮った。

今でもここを訪ねると興味を引くものばかり私の目に入ってくる。
私は言語学、特に音声学が大好きだったのだ。。。

私も言葉がなくなってしまった。
いつも通り先生に挨拶をし、そこを出た。

目指すは教務係。
私の道はまた変わっていくだろう。。。


21:33 日常 | コメント(4)

主従関係

2008/02/15
「親子関係」とは主従関係か。

私は、納得できないでいる。

どこまで両親は私を追い詰めれば気が付くのか。

ここにいると、「死」が私に迫ってくる。。。

19:34 戯言 | コメント(2)

破綻

2008/02/14
さよならしてからの時間はゆっくり。

私は考えすぎて目を回す。

だけど
とても大切なヒトリノジカン…。

ゆっくりと壊れた心の欠片を見つける。

そして、違う街で私は生きる。。。


00:31 戯言 | コメント(0)

引越しの準備

2008/02/06
として、まず教科書の整理をして、膨大なレジュメをゴミに出した。

整理していると、学部生だった頃の慣れないレポートがあった。
懐かしくも「此処を去る」という現実に少し哀愁を覚えた。

書き込みをたくさんした教科書、テキスト。
これらにどれだけの時間と情熱を費やしただろう。

でも、こうしていては引越しは進まない。
私は教科書と好きで読んでいた小説を束ね、
古本屋へ出かけた。


・・・430円。

二束三文以下だ。
教科書は「変な書き込みがあるから」と処分になった。

・・・どうせなら研究室に寄付するんだった・・・。
変な書き込みって、勉強してたら書き込みなんて当たり前だよ。。。
妙に棚に置かれてあった教科書の元持ち主に腹が立った。
お前らそれでも学生してたのかよ、と。。。

何だかどうしようもなくイラついた。
だけど、引越しまでの時間は迫っていく。。。

11:44 日常 | コメント(2)

縛り付けられる想い

2008/02/05
昨夜、少し多めの睡眠薬では・・・
私たちは怒りのせいで眠れなかった。

誰かに何かを伝えたくてこうやって文章を綴っているのに、
必要な情報だけ取って私の身近な人が盗み見ていた。

しかも、何一つ、わかってくれていなかった。。。

なのに、私を縛り付ける。
縛り付けないで欲しい。
自分の利益のために、私たちを縛り付けないで欲しい。

愛して欲しい。ただ、愛して欲しい。。。

19:12 病気 | コメント(2)

2008/02/05
眠れなくて少しだけ薬を多く飲んだ・・・。

明日なんか来なければいい。


ブログ見るなら私の心を見ろ。
小さな子供が泣いている。。。


01:47 病気 | コメント(2)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。