04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

学校より。

2007/05/31
学生で溢れかえるキャンパスの中で、
自分が目指す方向に歩いていくためには、
自己中でないと目的地にはたどり着けないことを改めて知る。

人に道を譲っていると信号が赤になってしまうから・・・。

人の波に飲まれながら、必死の思いで講義室に着く。

挨拶を終えて席に着くが、どうも落ち着かない。

授業を聞きながら思うことは、くだらないようでいて
とても自分を形成する上で大切なことだった。

ある時、誰かが言った。

「言葉はね、怖いんだよ。
自分が話すっていうことは、相手に話すことを強制してることなの。
だからね、好きな人に好きって言うでしょ?
それは・・・相手に自分のことを好きって言ってほしいから、
自分からそれを言って相手にも求めてるのよ。」

なるほど、と思った覚えがある。
だから、人っていうものは話すことに責任を持たなければいけないんだな、と思った。

人は愚かしいけれど、その愚かしさを認めていることは愚かしいことではない。

世間一般に言われている「責任」よりもずっと簡単。
だけど、ずっと重い。

自分でもよくわからないけれど、そんなことをぼんやり思っていた。

何だか5月病は、ようやく一段落しそうな感じがした。。。

さぁ、ちょっと視点を変えて生きてみようかなと思う。

スポンサーサイト
14:02 戯言 | コメント(4)

頭が一杯@@

2007/05/28
ちょっとくたびれ気味のヲンナです(;´Д`)トホホ

やることは多いし、考えることはもっと多い。。。

どないせーゆーねんっ!!←プチ切れw

木曜夜に岡山を発って高速バスで一夜を明かし、金曜早朝に福岡に着いて
お化粧をしたら就職活動。。。

筆記試験と説明会でございました。

その夜、疲れてホテルでぐったりしてるところに、
担当教官から修論の研究計画書についての電話があり・・・、

・・・倒れた ⊂⌒~⊃*。Д。)-з

そんなにキャパ広くありません つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
脳みそのヒューズが吹っ飛びました(←ぇ

帰ってくるとまた修論・・・(ノ´)ヽ(   )ノヽ(ー`ヽ)ヨイヤサコラサ

5月は体調が低迷していたから、今になってツケが・・・(;´∀`)・・・イタイナァ・・・


頑張りまふ。。。(クタクタ
11:01 日常 | コメント(6)

寂しさの中で

2007/05/26
どうして私は私なんだろう?

私の心は確かに存在するのに、
私は実在しない…。

私は砕けた心の破片でしかない。

私はどこに向かうんだろう?

先はあるのかな?

いつ消えるのかな?

言いかけて飲み込んだ言葉たち…。

それは言わない方がいいから。

寂しく笑うねって言われて、
余計に寂しくなった。

私は自由じゃないもの…。

粉々に、砕け散ってしまえば良かった。

寂しさを知るくらいならば……。

21:49 戯言 | コメント(2)

始動前の一服・・・<ナオ>

2007/05/24
夏の紫外線を少しだけ気にしながら、
もうすっかり慣れた手つきで煙草に火を点ける。

煙が舞い散り、私の定番となったフレイバーが口に広がる。

近所の人の声が聞こえる。
「今朝は朝から暑いなぁ。」
「そうなんよ、今朝は特になぁ・・・。」

確かに暑い。
煙草で頭は多少クールになってはいるが。

煙草はたまにしか吸わなくなった。
週に2本程度。
少し頭を冷やしたいとき煙草を吸う癖があるのを最近知った。


さぁ、ここからが踏ん張りどころ。
明日からきっと怒涛の毎日が始まる。

無理せず頑張る。

燻ってなどいられない。
煙草の火を消したら、前へと進みだそうか。

09:31 戯言 | コメント(2)

忙しい朝に<唯>

2007/05/23
レスできなくて、何もかもほったらかしで本当にごめんなさい。
ちゃんと読んでいます。
後できちんとレスは致しますので、何卒お許しください。


いえね、今日は研究室で修論の中間発表があるんです。
それで昨日必死でレジュメ(駄作)を作って(睡眠時間は3時間)、
今朝プリンターで印刷しようとしたんです。

だけど。

何故か印刷できない。

苦戦すること1時間。

結局印刷できず。

しばらくプリンターを(も?)ほったらかしにしてましたからねぇ・・・。
それで、今疲れてブログを更新している訳です(;´Д`)
もうすぐ学校行かなきゃいけないのに。

こんな風に毎日が悪戦苦闘の連続でバタバタしていますが、やることはやっているわけです。
だけど、学校へ行くのが怖くなります。

人ごみは嫌だ、とか
講義中に発言を求められて発言するのが嫌だ、とか
修論なんて(私は)さっぱりわからないから発表なんてできない、とか。。。
皆が誰しも思うような小さなことです。
だけど、とてつもなく辛い。
一度逃げてしまうともう二度と真正面から対峙できなくなる。

そんな時ふと昔の歌が頭を過ぎりました。

「負けない事・投げ出さない事・逃げ出さない事・信じ抜く事 駄目になりそうな時 それが一番大事」

私が小学校の頃に聞いた歌でした。
なぁんか、今頃その意味がわかった気が。。。

私たちに足りないのは「開き直り」だなぁ、と。
ダメでもいいじゃん、って思うことだな、と。

私は今の自分の力を信じればいいのかな・・・。

っと、PCいじっている時間はもうないな(;´∀`)・・・うわぁ・・・
さぁ、やる気のない唯さんよ、いっちょ踏ん張りますか。

09:50 日常 | コメント(6)

再び眠りに・・・。<ナオ>

2007/05/18
私たちは「生きる」ために、再び「なおみ」を眠らせることにしました。

それは「なおみ」が生きるための唯一の手段だったから・・・。

きっと病気の罠なんですよね。本当に死にたいとは思っていなかったはず・・・。


この時期は弱いんですよ・・・。

確か、去年も自殺を図った覚えがあります。

誕生日が近いこの時期。。。

自殺名所で有名な一級河川へ身投げしました。運良く、助かりましたが。

さすがの私(記憶の管理者)も記憶が曖昧になってきました。

ここ数年、毎年同じことばかり繰り返していますからね・・・・・・。


心が休まることはほとんどありません。

実家も大変な様子です。

久しぶりに話をした「母」の声はとてもくたびれて聞こえました。


少しだけ実家に帰って、お墓参りをして来ようと思います。

きっと「なおみ」が大好きだったお祖母ちゃんに会うと、

少しばかりは落ち着ける気がしますから。

(免許の更新もついでにするか。。。)


毎年私は思います。

「幸せな誕生日を迎えて歳をとって行きたい」

と。。。
14:21 病気 | コメント(7)

忘れかけていた、あの感情…

2007/05/17
いなくなりたい。
死にたい。
自分を殺してやりたい。

またそう思う気持ちが蘇った。

身体がおかしいのもある。
身体は青紫。
死人のように醜く腫れた斑模様の手足。
持ち上がらない首。

鏡なんて見たくない程不気味な私。

大切にしてきたものを全部捨てられたら、今こそ死ねる気がする。

青空の果て、海の奥底には何があるだろう…。

きっと終わりがあるんだろう。

私に終焉が近付くように……。

もうカーテンコールはいらない。

疲れたから、終わり、ね。

バイバイ、ありがとう。

それなりに楽しかったよ。

17:48 未分類 | コメント(9)

恐怖

2007/05/16
さっきお風呂に入っているとき、ふと天井を見上げた。

すると、はめ込みになっている天井の一部が開いて黒い闇が覗いている。

浴槽の淵に上がって閉めることにした。

意外に重かった……。

自然の力でこんなことが起きるはずがない!!

そう思った時、思い浮かんだのは、
先日、台所の部屋の窓が施錠されていなくて(鍵をかけたか否かの記憶は曖昧)、
網戸がいつもとは反対になっていたこと…。

私は恐怖のあまり、お風呂から飛び出た。

部屋に戻っても落ち着けない。

しかもこんな時刻……。
一晩ここで我慢するしかない……。

怖くて眠れない。
不安で気味が悪くて眠れない。
アパートは2階立てで、私の部屋は2階。
台所の窓は道路側にある。

考えると、恐怖が更に増す。

誰かに側にいてほしい……。
すごく怖い……。

02:05 日常 | コメント(2)

お金と人間

2007/05/15
友達から電話があった。
すごく切羽詰っている様子だった。

「お金貸してくれない?絶対に返すから。」

必ず返す意思があることをずっと主張していた。
友達は本当に困っている様子だった。
先日仕事がクビになったらしい。
だけど、私にはそんな余裕などない。働いてさえいないのだ。
仕送りもない。

金額は・・・5万円だった・・・。
家賃に相当する。

私は重たい気分のまま、話を遮って言った。

「申し訳ないけど、私もそれだけのお金がないんだ。」

そう言った。

以前も貸したことがある。
あまりにも返済が遅いから支払いを請求して、嫌な気分になった。

友達は、絶望的な声を捻り出した。

「そっか。」
「・・・ごめんね。」

苦しかった。
だけど、今の私には出来ない。

人はお金がないと生きてゆけない。
私も友達もそれに苦しんでいる。
それとも、それを助けなかった私が彼女を苦しめているのか・・・?

とても、切ない。

お風呂に行っている間、友達からの着信があって留守電にメッセージが残っていた。

「ホント1万でいいから貸して欲しい・・・。」

私は、掛け直すことすらできなかった。。。

23:50 日常 | コメント(3)

消えない炎と溶けない氷

2007/05/14
私の中には、未だ消えない炎と溶けない氷、相反する二つの物が同時に存在する。

どちらも私を苦しめる。

炎は私の心を燃やし、他の人まで焼き尽くす。

氷は、私の心を凍て付かせ、他の人まで凍えさせてしまう。

どちらも周りを巻き込んで、もっと私を傷つける。

いつの日か、炎よ消えて、氷よ溶けろ。

眠れば炎は揺らぎ、氷は水へと変わるだろうか・・・。


しかし、私は知っている。

どちらもそうそう私から消えてはくれないことを・・・・・・。

だから天に祈る。

静かに炎が消え、氷が融解することを。

これはただ天のみぞ知り、操ることだから・・・・・・。

02:17 戯言 | コメント(4)

恋愛中毒 3

2007/05/13
由利と浩史はどうなったのか。

ただ、想うだけで会えなかった。

それだけで、何も変わらないまま時間は過ぎていった。
季節は変わり、周りの景色は色を変えていったが、由利の気持ちはそのままだった。
気持ちもそうだったが、心の闇も軽くなることはなかった。


しかし、由利が恐れていたことが現実になる日は遅くなかった。

悪化。

由利は以前にもましてPCの世界にのめりこみ、心を閉ざした。夜に起き、朝に寝る。そんな毎日が続き、由利はどんどん架空の世界での出来事に一喜一憂する日が増えた。心は更に闇が厚くなり、よく疲れた心身を捨てたくて大量の薬を呷った。

浩史もそんな由利の変調を見て、言った。

「ここに来るの、少し、控えたら?」
「・・・あなたまでそんなことを言うんですか・・・。うちの両親とおんなじことを・・・。」
「やめろ、なんて言ってない。少し離れてみなよって言ってる。」
「嫌です。あなたと・・・同じ時間を共有していたい・・・。」

由利は浩史の言葉にもイラつきを覚えるようになっていた。
目に映る全てのものがうとましく思えた。

「誰も私のことなんてわからない。わかってくれない。」

そんな想いばかりが強くなっていった。



「え・・・。」

由利は呆然と主治医を見返した。

「入院をお勧めします。」

主治医はもう一度同じ言葉をゆっくりと言った。
由利の頭にまたその言葉が捻れて入っていった。
もう、由利は聞き返さなかった。無言のまま、診察室を後にした・・・・・・。

入院は、初めてではなかった。それだけに、その理由など想像がついた。
ぼんやりとしたままの頭でできることは、また情報の海にさらわれてしまうことだった・・・・・・。

「ここを離れると・・・私・・・1人になってしまう・・・。」

由利はもう、架空世界の住人だった。現実など見えてはいなかった。

またあの白い鉄パイプのベッドで眠れないのに21時消灯を迎える毎日・・・。
味のしないご飯をただ食べて、散歩をして、管理されたタイムテーブル通りの毎日・・・。

覚えている。
忘れられるわけもない、囚人のようなあの場所・・・!

由利は浩史が来るのをひたすら待った・・・・・・。



はい、久々の小説の更新です。前回は・・・2月17日w
もっと前かと思っていましたが(´▽`*)アハハ

誰も覚えていないと思いますが、お暇があったら覗いてみてくださいね。

今後のことも考えてどこに伏線を張ろうか考え中です。
見事に滑ってますが。。。(((;-д- )=3ハァハァ

さて、日記も書きましょうかね c⌒っ;;・∀・)φエヘ
23:39 戯言 | コメント(0)

怖いよ、NHK・・・

2007/05/10
昨日、夕方にNHKのオジサンが来ました。
引越しをしたので、徴収です。

4月にも2回ほど来たのですが、ちょうど風邪で寝込んでいたので引き取って頂きました。

そして、昨日はちょうど手が離せないところだったので、
無理を言って一時間後に約束をしました。

しかし。
預金を考えたところで、今無駄な支出はできません。
というよりも、テレビなんて見てないし。
見られる状況にないしで。。。

だから、断ることにしてオジサンに話をしました。
ドアを開けると契約書を書かされそうなので、失礼だとは思いましたが、ドア越しに。

すると、

「さっきと話が違うじゃないですか!」
「・・・申し訳ありませんが、経済的に厳しいんです。」
「他の公共料金とかはどうされてるんですか!」
「それは節約をしてギリギリのところまで削っています。」
「生活保護を受けているとかでない限り、書いていただく義務があるんです!」
「生活保護などはありません。しかし、経済的に苦しいのです。
契約したから払う義務ではなくて契約する義務があるんですか?」
「あります。テレビをお持ちでしたら払うと放送法32条で決まっています!」
「(それってそんな主旨だったっけ・・・??)・・・とにかく、ないものは払えないので書けません。」
「そういうつもりだったらこれまでに言って頂けたら、私が4回も来ることはなかったんですよ!」
「・・・申し訳ありません・・・。」
「これからも人が来ますけどいいんですか?!」
「・・・私は構いませんが、結局同じです・・・。」

(押し問答が続く)

「もう私は来ませんから。テレビを破棄していただくこともありますよ!」

オジサンはズカズカと帰って行きました。
それから外でオジサンが電話で話をしている声が聞こえてきました。
(どうも内容は私のことらしい)

惨めな気持ちと怖い気持ちが出てきました。

「同じマンションの人にも聞こえたんだろうな・・・
お金があったら医療費控除なんて受けていないし・・・」

ぼんやりそう思いました。
近年、NHKは何かと問題がありましたが、全てのNHKの人はそうではないと思っていました。

だけど、やっぱりこの年度初めに来る人は本当に怖い。
脅しとも取れるような言葉を平気で言ってきます。
これじゃあ悪徳金融の取立てと変わりません。。。

私は気分が滅入ってしまいました・・・・・・。


そして、もちろん寝付ける訳もなく。

今日は授業を休んでしまいました。
もう頭が動かなくて目がチカチカしていました。

現在、精神的に参っています。。。
11:58 日常 | コメント(12)

眠りを失って

2007/05/09
すっかり眠れなくなってしまって・・・もうかなりになる。

初めはそれほど不眠に苦痛を覚えたことはなかったけれど、
今ではかなり疲労が蓄積されて、脳みそが悲鳴を上げ始めた。

耳鳴りはひどく、幻聴によって気が散る。

苦しいはずなのに、どこか他人事のように思えて仕方がない。
「・・・そう言えばもうずっと泣いてないな」
などど、ふとそんなことを思ったり、

生きる意味なんて考え始めたり。
・・・生きている間は生きる意味なんてきっとわかる訳ないのだけれど。

でも、生きるということは辛くとも、価値があるというのは間違いない。

今の私は、それさえもひっくり返って見える。
だいぶ脳が疲れているようだ・・・・・・。

「自分らしさ」とか「普通とは何か」とか、
今更問いただしたところで詮無いことが、
涙の代わりにぽろりぽろりと零れ落ちて私の瞳を塞ぐ。

今私を覆うのは失望か?

今私を救うのは希望か?

どちらも私は求めてなどいない。
失望というには私は楽で、希望を求めるにも中途半端だ。

今は「安息」さえあればいい。

今は「静謐」さえ訪れればいい。
03:02 戯言 | コメント(2)

フッカツダー!!(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)フッカツダー!!

2007/05/07
ネットが復活しました☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

これで就活も。。。しなくちゃいけない。。。(´・ェ・`) ツライ・・・
↑コラコラ

あらら、スキンが春のまんまですね^^;
・・・また変えますw


それにしても。。。

家計が火の車です(; θ_Jθ)コマッタモンダ

本当に浪費が過ぎる!倹約じゃ。。。(´・ω・`)ショボーン

人って生きるだけでお金がかかるな。。。(←そりゃそうだ


はっきり言って、更新が滞っている間、

私は普通の状態ではありませんでした。。。

郵便物を捨てるのに個人情報流出防止のため、小さく切って捨てるのですが、

私はムキになってカッターでズタズタに切り裂いていました。。。

・・・本当に切り裂きたかったのは、腕だったので、

それは避けることができたのはよかったと思います・・・。

自分がどうしようもなくダメ人間に思えてなりませんでした。


だけど、少し上向きになった今、再び振り返ってみて・・・

自分に自信を持たないとなぁと思います。。。


闘病中に、人の意見を聞くことが増えて、

様々な角度から物事を捉えることを覚えました。

世の中で当然とされていることが果たして本当に「当然」なのか。。。

よく考えました。

しかし、その中で「自分のビジョン」を忘れかけているのかもしれませんね・・・。


だから自信がない。


最近ではようやく取り戻しつつありますが。

学生でいられるこの一年は社会人への修行期間と病気のリハビリ期間を兼ねています。

大切に自分のペースで行きたいものです。。。


さ、明日からまずは学校を頑張るかw
22:36 日常 | コメント(0)

久し振りの日記…

2007/05/05
ようやくネットが連休明けに開通する見込みです。

レスが遅くなって申し訳ありませんm(_ _)m
管理人のみにコメントを下さった方には読めず、メールも送れず申し訳ありません。

私はというと…
修論や授業の課題に追われたり、
新しいお薬の量がどうやら足りないらしく、
イライラしていました(´ω`)

一人頭を抱え込んで、また夜眠れず……昼間にウトウト、
気がつけば身体にストレス性の湿疹が……( ̄▽ ̄;)

また昼夜逆転です。

市街地は混んでいるので、出かける気にもなれず、
マンションにて勉強しつつ猛暑(今年は急に暑くなった)に耐えるのみ(≧Д≦;)

イライラがMAXに、人格は制御不能に……。

夕べは思わずプチODしてしまいました。。。

ホリゾンを10錠(1シート)飲み、ようやく寝付きました……。

昨日の昼、もう20年以上の付き合いになる友人から電話がありました。

とても辛そうな様子……。

が、彼女のところまで行くことも出来ない私は力になれず……

自分の不甲斐なさに凹んでいました。

お金もないし、人込みに突入する元気もありません。

…久しぶりに付ける日記はちょっといいことが書きたかったなぁ……。

お薬の調整がまだまだ必要なのかもしれませんね。

またネットが開通し次第日記を頑張りますので、こんなグダグタな私ですが、よろしくお願いします。

23:45 日常 | コメント(2)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。