05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

10月8日 <mad>

2007/10/21
I'm in the dark.

I can't see anything.

I'm blind to everything.

Noise threatens me, and I'm going to be mad.

Please be quiet...for a minute.

I wanna be alone.

Please don't speak to me. Talk with yourself.

It's painful! Do it yourself.

自分の尻は自分で拭け。

スポンサーサイト
14:01 駄文 | コメント(0)

待つ気持ち

2007/09/14
まだ来ぬか 秋の風吹く この寒さ ならば今宵も 一人かも寝む

相手の文を待つ和歌です。
私が勝手に作りましたが。

今は文明の利器でケータイなんてリアルタイムでやりとり出来るものがありますが、
結局待つ気分は今も昔も同じですね…。
寧ろ今のほうが、イライラしやすいのかもしれません。。。

やれやれ、相手にも都合があると解っていても、やはり無視は辛いな……。

大きいけど、貼ろう。。。
00:10 駄文 | コメント(2)

束の間の文学

2007/09/07
果たせない シロツメクサが 青になる


10代の頃、恋愛中はよく「約束」をした。
来週また会おうね、とか。
ずっと一緒にいようね、とか・・・。
淡い幼い気持ち。。。


シロツメクサの花言葉の一つは「約束」。
それを果たすことができない。
だから青く染まる・・・。

「青」は、「青春」の青。
シロツメクサは春の花だからそれにもかけています。
「果たせない約束もいつか青春の一部になる」というようにも取れますね。。。

また「青」は「涙の青」。
「約束をしたけれど果たすことができそうにない・・・。だから、涙が零れた。」
そんな風にも取れます。


シロツメクサのもう一つの花言葉、それは「私を思って」。

そうすると、また思い浮かぶイメージが変わります。
「あなたは約束を『果たせない』と言った。だけど私を思ってほしい。そんな気持ちを代弁するかのように、シロツメクサが青く、ブルーに染まる」んです・・・。


俳句や川柳は不思議ですね。
五・七・五という制約された世界の中で
言葉たちに命を吹き込むことで、それは文字以上の意味を持ちます。

人間も制約された世界の中にいるけれども生き方次第で色々変わるというところが、
古くから俳句や川柳は人の心と共鳴してきたのかもしれませんね。。。


ふと頭からぽろりと零れ落ちた言葉ですが、
私は結構気に入ってますw
ぃぇぃぇ、そりゃ駄作ですが^^;
切ない恋心を歌ってみました。。。



<仁美>
16:08 駄文 | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。